FC2ブログ
抜け毛対策

インコ用保温ケースの製作!

 2017-07-04
我が家にはインコが2羽います。
ボタンインコとコザクラインコなんですがね
この2羽、何でも彼でも齧るのでガジリーズと呼んでいます。

ガジリーズは寒さに弱いので、
冬場、一日中エアコンをつけていると電気代がびっくりなのです。

「これを何とかしなくてはと!」

別に部屋中を暖めなくてもいいのだから
カゴの保温ケースを作っちゃおうってことに・・・。

となれば、どんな構造にするかを色々考える訳でありまして、
「保温ケース=夏はいらない=しまう場所がない」

これでは困るので 「夏でも使えるケースにしよう」 となるのです。

ということで、前はこんな感じで鳥カゴが並んでいました。

カゴのみ

このカゴを動かさず、ケースが設置できるように
鳥カゴ1つに1つのケースを上から被せて、2つを合体させる案を採用!

因みにカゴは「HOEIのホライズン」
このカゴは開閉が変わっているので、それに合わせて設計します。

【送料無料】HOEI 35手のり ホライズン セキセイ ホワイト 白 《4963067011159 中型手のりケージ 鳥かご》

ここで、どんな材料で作るかを悩むのですが、軽量で保温性があり安価なもの!
そして、工作もできるだけ簡単にを優先すると
やっぱり、木材とプラダンとなるでしょう。

18ミリ角の木材と3ミリ厚の透明プラダンなら切断だってラクチン!
でも、さすがに全面波々模様ではねぇ~、味気ないよなぁ~

仕方なく、正面だけは豪華に透明アクリル板を専門店でオーダーメイドしちゃいました。

角材は安い集積材もあったのですが、鳥が齧っても安全なヒノキを奮発~!
これ、後から分かったんだけど、
何故かガジリーズもあまり齧らないので正解でした。

単体正面

ケースの形状は、カゴの上から被せて2台を連結するので、
底面とそれぞれの片側側面は壁なしとなります。
他の面は、天井も含め全てスライドできる構造です。

前面の透明アクリル板は上からの差込式、外した時は側面に収納できるように工夫してあります。
天板は2分割で前後にスライド、側面と後面は引き戸、これで夏でも使えるのだ~

天板

また、後面下側は電源コード引き込みスペースも設けました。

後面

肝心の制作費用は2台で3万円とちょっと!
オーダーしたアクリル板が一番高かったのでした。

連結時

さて、冬場に実際使ってみて?

40Wの保温球を2個使用で、部屋のエアコンは不要になり狙い通り!
(我が家はマンションなので、氷点下にはならない)
そして、思わぬ良いこともありました。

カゴ扉オープン

羽毛や餌の飛び散りが少なくなったんですよ~
こりゃ、ありがたい!


カテゴリ :道具 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :
コメント
初めまして(^^)
インコの手作り温室を探して
こちらにたどり着きました。
工夫がいっぱいの素晴らしいケースですね!
我が家の寒がりなオカメインコの為に
ぜひ同様の保温ケースを作りたいので
使った材料や作り方
寸法の測り方など詳細を
教えて頂けませんか?
始めてて不躾なお願いしてすみません(>_<)
宜しくお願いしますm(__)m
【2018/03/17 21:01】 | ちー太 #- | [edit]
ブログご訪問ありがとうございます。

このケース、インコ達も快適に過ごしてますよ
飼い主も暖房費も節約できて嬉しいですしね。

作り方は誰が見ても分かるようにまとめます。
少しお時間をください。
【2018/03/18 18:18】 | ソラダケ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫