FC2ブログ
抜け毛対策

お山に帰るルリビタキ

 2018-03-09
そろそろお山に帰るのかな~
そんな表情のルリビタキの雄です。

今冬は雌のルリビタキしか見ていなかったが
最後に雄を見ることができてよかった。

雄は青色だから誰にでも分かると思っていたら
若い雄は青くはなく、雌と同じような色なんだって!

知りませんでした
じゃ、雌しか見ていなかったわけでもなさそう。

ルリビタキの雄

写真のような青い鳥になるには2年かかるという。
そして、凄く綺麗な青色になるには4年かかるそうな。

でも、寿命が4年というから
綺麗な青いルリビタキはお年寄りということか。

さて、若鳥の雄を見分けるポイントがあるようだ。

一般的なのが、翼角が少し青いという見分け方だ。
翼角とは翼の付け根、肩にあたる部分だろうか?

また、目の位置が違うという情報もある。
目の位置が嘴の延長線よりやや上なら雌、下なら雄なんだそうだ。
これは、ちょっとどうでしょうね~?

どちらにしても見分けは難しいな~
まぁ、ソラダケは観察できれば、それで十分です。

それより、雄でも雌でも個体によって表情の違いを見るのが楽しい。
例えば眉班の形や長さもまちまちだし、顔の印象が全然違うんです。

以前に見たルリビタキは全体が丸っこくて、
目がクリクリ、眉は太く長く「への字」になっていました。
暫く滞在していた彼を「への字君」と呼んでいたっけ(笑)

「への字君」↓
への字君


カテゴリ :小鳥 トラックバック(-) コメント(4)
タグ :
コメント
ソラダケさんはじめまして。

青いルリビタキは一度も見たことがないので、今一番みたい鳥です。もうすぐいなくなるのですね。とてもうらやましいです。
【2018/03/09 22:26】 | パパーマン1号 #- | [edit]
コメントありがとうございます。

ルリビタキは暗いところが好きなようで、なかなか見つけにくいですね。
百々ヶ峰あたりならまだまだ見られると思いますよ。
出会えると良いですね。
【2018/03/10 16:01】 | ソラダケ #- | [edit]
いつも勉強になります。

小さくても鳥は長生きと思っていたのですが、ルリビタキの寿命が4年とは
短いですね。

これからの時期、野鳥たちの巣作りも気になります。
勢子で笹ボサの中を進むときも、極力鳥の巣に触れぬように注意しております。

昨年なども「おっと!」と危うく巣にぶつかってしまうところでした。
巣の中には赤茶色の小さな卵が4つ。ウグイスでしょうか?

山に入ってみると思いのほか巣が多くて嬉しい反面、ひやひやします。

ブログリンクさせて頂きました。
私の方もリンクして頂ければ光栄です。
【2018/03/11 21:33】 | あっきょ #- | [edit]
あっきょさん、いつもご訪問ありがとうございます。

ブログを貼り付けていただき感謝します。
私の方も貼り付けさせていただきました!
これからも宜しくお願いします。
【2018/03/12 12:09】 | ソラダケ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫