FC2ブログ
抜け毛対策

名古屋市から乗鞍岳を見る、左奥は穂高か?

 2018-03-07
雨上がりの朝、御岳山が綺麗に見えた。
透明度が良いので乗鞍岳もはっきり確認できました。

撮影場所は名古屋市、右が御嶽山、左が乗鞍岳である。

写真をよーく見ているとなかなか楽しい。
御嶽山の手前に山が3つ重なっているのに気付いた。

そう分かると、どこの山なのか気になります。

で、調べた結果!

一番手前が中央道、小牧東IC近くの丘陵地
その奥の黒っぽく見える山は、岐阜県八百津町あたりの山だと分かった。
あの杉原千畝の生誕地である。

そして、その奥の山が小秀山(1982m)です。
色合いが御岳山と同じなので見にくいけど、
御岳の中腹あたりにピークがあるでしょ。

御嶽と乗鞍

さて、名古屋市から見る限界はどのくらいだろうか?
御岳山まではおよそ100K、
乗鞍岳だと120K位、もっと先の山は見えないかな~

なんて考えながら写真を見てると
乗鞍岳の左奥に山らしき白いものが写ってます。

地図で確かめると穂高岳の位置にピッタリ!
穂高岳までの距離は140Kだ。

高度が上がればより遠くまで見える。
計算上見える限界はどの位か調べてみた。
すると、標高2500mで178K、1600mで142Kとある。

穂高の標高は3190mだから
名古屋市からその山容が見えてもおかしくはありませんね。
どうでしょう?

やっぱり雲かな~

今度、眺望の良い日に望遠鏡出して確認しようと思う。
昼間に望遠鏡出して見てると勘違いされそうだから無理か(笑)


カテゴリ :お山 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫