FC2ブログ

春の黄色いお花の中から今日の三選

 2020-04-24
声はすれども姿は見えず、ほんにおまえは屁のような・・・
ではなく鳥の話である。

近頃、鳥を見つけられない
原因は視力低下

白内障が急に進んでしまったようだ
やれやれである。

という訳で、動かない植物の話題になってしまう。
今回もその路線で・・・
先ずは春蘭!

春欄

自生のシュンランは珍しいとのこと
足場が悪く上手いこと写真が撮れなかった。
ま、証拠写真ということで採用!

知る人ぞ知る内緒の場所にひっそり自生していた。
ひっそりだからシュンランの話はこれだけ~(__)


植物音痴で単純なソラダケは「花=黄色」のイメージがある。
で、春の黄色い花 を検索するとその数に(@_@。

どんだけ~!

でも、一つずつお勉強
覚えられんけど ^^;

今日は3種、写真を撮った。
先ず、シュンランの近くにヤマブキを発見

ヤマブキ

これもひっそりと咲いていました。
名前は知っていてもこれがヤマブキだとは・・・

日本伝統色名で黄色の花からきた色は
「菜の花色」とこの「山吹色」くらいだろうか?


さて、林の中から出て散策道にはお花がいっぱい!
当然、そこには蝶々がヒラヒラ

ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモン
そしてヤマトシジミ

ヤマトシジミ

どちらも、ちょいピンボケ
カメラもいよいよか? ←言い訳

ヤマトシジミの幼虫はカタバミを食草とする。
こちらです

カタバミ

前にカタバミとヘビイチゴの違いを書いたぞ
 気になる方はこちら⇒《5月の発見!綺麗な花咲く雑草達の世界》
復習だな ←ソラダケはすぐ忘れる

最後にキツネノボタン
花弁は5枚だけど、この写真のものはもうない。
それより、今日は実の方に注目

ケキツネノボタン

このトゲトゲの丸い形が気になる~
どうです、ならないかな?

よく調べると・・・
キツネノボタンはそのトゲトゲの先端が巻いているそうだ。
写真のように真っすぐなのは・・・

ん、新種か?

いやいや、これはケキツネノボタン
ウィルスみたいに新種とはならないわな。

しかしこの形、今はやっぱりウィルスを連想してしまう
気になるわけだ。

あ~~、この騒ぎが落ち着くまで
眼科にも行けないよ。

しばらく上を向いて鳥を探すのは諦め、
散策は下を向いて虫花路線かな~

でも、気持ちだけは上向いていきまっせ!


カテゴリ :植物 トラックバック(-) コメント(5)
タグ :

シノブのように堪え忍ぶ時

 2020-04-08
楠並木を歩いていたら気になるものが・・・
楠木にシダの葉っぱが生えてるよ。

シノブ

よく見るとツタ状のとこからピヨ~ンと出てて
線香花火を連想してしまった (^^)

こういうのを着生植物と言うんだって!
調べると "シノブ" じゃないかと ←多分 ^^;

土がなくても堪え忍ぶからその名がついたとか。


そういえば、寄生植物ってのもあったね
まん丸になるヤドリギを前に記事にしたな。
これだよ ⇒《ヤドリギねぇ~、不思議な木です!》

寄生と着生があるんですねぇ
シノブは着生、場所だけお借りして養分は自前だそうだ。
で、こういうのが他にもないかと周りをキョロキョロ

自然って凄いな~
すぐ見つかりましたよ~

こんなのとこんなの

カクレミノ? 着生

ところが調べても分からん!

*(上) のは葉っぱがカクレミノに似ているけど
着生植物ではないし・・・

偶然そこで育ってしまったのか?
そういう事もあるのかも・・・ですね。

*(下)のはありふれていてサッパリ?
ちょっと宿題だ~


植物はホント種類が多すぎてお手上げです。
まぁ、今回はシノブだけでも分かったからいいか ←正しいのか?

それにしても今、シノブという名前が重いな~
緊急事態宣言で、うちにもジワジワと余波が・・・

苦しいけどホント堪え忍ばなくちゃ!


カテゴリ :植物 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫