FC2ブログ

ツマキチョウからエンドウのお話し

 2019-04-27
昨年の今頃、ツマキチョウのメスを見て
「オスだったら開運するだろなぁ~」と書いた。⇒ その記事はココ
で、今年はきたぞ~
これで開運は間違いなし(^O^)/

ツマキチョウのオス

このツマキチョウを追いかけていたら
小さなお花に気が付いた。

よく見かける花ですね~
調べるとカラスノエンドウという。
でも、何でカラスなんでしょう?

ツマキとカラス

どうやら果実が熟すと真っ黒になるからだそうです。
そして、カラスに対してスズメノエンドウというのが出てきた。

そちらはカラスノエンドウより小さい花が咲くからなんだって!
なんと安直な( 一一)

もしかして、
これかな~?
(右がカラスノエンドウ、そして左のが・・・)

カラスとカスマ

と思ったらこれはカスマグサのようです。

カラスより小さくスズメより大きいから
「カ」と「ス」の間で「カスマグサ」
これまた、なんということでしょう(笑)

本当か?
スズメノエンドウの由来からなら
ハトノエンドウでもいいけどな~

鳩が豆を食ったような顔してたら
すっかりツマキチョウのことはどこかに・・・。

やっぱり開運は難しそうだわ~(+_+)


カテゴリ :植物 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

モミジの花もやっぱり赤かった

 2019-04-15
桜が咲く中、モミジの花を探してみた。

紅葉の時期にモミジの花の話を聞いていたので・・・
どうしても見たい!

満開の桜に目もくれず
これか?あれか?と変な人になっていました(-_-;)

モミジなどすぐ見つかると思っていたのに
これが中々見つけられない。

やっと見つけたモミジはこのイロハモミジ

1904カエデ花

小さな花とは聞いていたが
思っていた以上に小さかった。
赤いけど、と~ても地味

これは花か~?
と最初は半信半疑

記念に紅葉の撮影によく使う葉の裏からの撮影をしてみました。
もちろん葉っぱ赤くはないけれど花は赤く写りました(笑)

1904カエデ全景

しかし、これがヘリコプター状の実にどう変わっていくのでしょう?
気になるなぁ~
これからのチェックポイント!

そうそう、このモミジの実というか種、その違いはよく分からないけど
シメやイカルなど鳥達が食するそうです←鳥ネタ(^^)

食べるといえば
イロハモミジの木の隣に梅の木がありました。

1904ウメ

これ、なんと高級梅干しになる
"南高梅"という札が付いておりました。

こいつも赤くなると食欲をそそるよな~
今度買ってみよ~っと!


カテゴリ :植物 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

万葉の鳥と花粉症

 2019-04-02
この春は花粉症の症状が重い
くしゃみで辛い中、桜を見に行くことに~

さて、"令和"の発表を受け万葉集が売れているらしい。

その万葉集に出てくる春の鳥と言えば
ウグイスだよね

1904ウグイス

ウグイスは見つけるのがホント大変!
さて何処にいるでしょうか?

今日は木曽三川公園に来ました。
なんと国営、知らんかった( ゚Д゚)

国営だからだろうか
シメがロープにとまって逃げない~

1904シメ

このシメも万葉集に出ているそうで
比米(ひめ)と詠われています( ゚Д゚) 


さて、桜を見に来たのだが
天邪鬼なソラダケは、桜よりこんなのが気になる

オオイヌノフグリ
1904オオイヌノフグリ

春を感じる、そして可愛く愉快な名前の花だ。
しかし、オオイヌノフグリは帰化植物、
在来のイヌノフグリを探すのも楽しいかもしれない。

また、こんなのも・・・
ヒメオドリコソウ
1904ヒメオドリコソウ

これも帰化植物、だけど意外といいでしょ・・・ネ!

でも、オオイヌノフグリもヒメオドリコソウも
奈良時代には無かったので万葉集には出てこない。

じゃあ
花粉症はどうでしょう?

万葉集に花粉症の描写は勿論でてこない
けど「うち鼻に、鼻をそひつる」というのがある。

意味は
「くしゃみが何度もでるので、恋人が自分のことを思ってくれているらしい」
というのだ。

ふ~~ん
これ、もしかして花粉症なのかも~~?
違うか~、違うわな (笑)



カテゴリ :植物 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫