FC2ブログ

白山から富士山は見えるのか?

 2017-06-26
数年前、白山から大倉山(岐阜県側)へ下山中のことです。
その日は眺望が素晴らしく、前方に御嶽山が良く見えていました。

そして、御嶽山の後方に富士山らしき山があったのです。

白山より北岳
(白山から北岳を見る)

写真手前の山が御嶽山北側の継子岳、
その向こうの一番奥に富士山らしき山が見えます。

もう、富士山で間違いないと思っていたのですが、
帰宅し地図で確認すると白山、御嶽、富士山は一直線上にある。

つまり、富士山は御嶽山に阻まれて見えないことになる。

登山中、「富士山が見える、見える」 とおおぼら吹いていたのが恥ずかしい。

じゃ、あの富士山らしき山はどこの山?

当時、カシミールを使って調べたけれど、
断定することができませんでした。

でも、先日のことです。
Googleマップの3Dモードを使ってお山を見ていたら
もう、びっくりなんです。

頂上からの眺めがリアルにわかっちゃう!
そして、この写真のことを思い出しました。

するとどうでしょう。
あの時、カシミールでも分からなかった山の名前が
あっという間に判別できてしまう。

「す、すごい、凄すぎます!」

これは遊べます。
Googleでの画像は載せられないので残念ですが
写真の山容がもうバッチリ一致するのです。

ほんとに凄いよ!

で、お山の名前ですが・・・
手前から

御嶽山、継子岳(2867m)
中央アルプスの茶臼山(2652m)
一番奥の左が南アルプスの大仙丈岳(2975m)
そして右に南アルプスの北岳(3193m)

*因みに白山は(2702m)です。

そう、あのお山は日本一の富士山ではなかったけれど、
日本で二番目に高い 「北岳」 だったのでした。


カテゴリ :お山 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

オオヨシキリが公園にやってきた

 2017-06-20
今年は暑くなりそうな予感
いつもの森に葦が茂る一角がある。

気がつけば、もう人の背丈を大きく超える葦原になりました。
川もなく、ちょっとした沼地なんだけど
今や貴重な葦原です。

そして、こんな立派な葦原があれば、
やっぱりオオヨシキリがやってきます。

今日も元気よく、とっても賑やかに鳴いていました。

このオオヨシキリ
「ギョギョシ、ギョギョシ」 とほんとに大きな声で鳴くんです。
あんな体のどこからそんな大声が出るのだろうと感心してしまう。

オオヨシキリは漢字にすると 「大葦切」 ですが 「行々子」 とも書く。
鳴き声が 「ギョギョシ、ギョギョシ」 だから納得である。

しかし、この存在感
見てみたいと思うのは仕方ないよね!

葦があるので見つけにくいけれど
ウグイスみたいにあっちこっち動かないので、
ちょっと待っていれば見つけられる。

写真も簡単に撮れました。
でも、ソラダケのカメラでは遠すぎる(泣)

オオヨシキリ

今から子育てが始まると思うので楽しみなんですけどね。
ただ、ここは公園の中、
葦があまりにも育ちすぎて、刈られないことを願っています。

しかし、こんな急に葦が育つとは・・・
今年はもの凄く暑くなるのだろうか?
カテゴリ :小鳥 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

輝く雲

 2017-06-16
梅雨だというのに上空に雲はなし!
湿度も程よく、気持ちの良い日であった。

こんな日は 「夕焼けが・・・」 と気になる最近なのだ。

日中は霞んでいた景色も夕方になって透明度が良くなりました。
遠くのお山までよく見えます。

日が沈んだ方向をず~と拡大していくと
遠くの雲が光っている。
ファインダーを覗いて気づいたんですよ。

夕焼けとしては、あまり感動するような空ではなかったけれど
写真にすると 「綺麗だ」 と感じることもあるんですね。

見た時の感動をカメラに収めてもガッカリする場合が多い中、
今日はちょっと得した気分です。

夕焼け170616
カテゴリ :夕焼け朝焼け トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

夕焼けをゆっくり見られる幸せ

 2017-06-12
今日は爽やかな天気でした。
ちょっと風が強かったけれど、蒸し暑いよりはず~と良い。

梅雨入りしているのに、週間天気予報に雨マークはない。
明日も良い天気になりそうだ。

ということは夕焼け空が綺麗かも~

という訳で、写真をば・・・パチリ!

綺麗です。
爽やかな風の中の黄昏を味わえるのは幸せです。

今日は雲の出方もいい感じ!
良い時間でした。

夕焼け170612
カテゴリ :夕焼け朝焼け トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

ヒルガオだって負けません

 2017-06-09
遊歩道の一角にササユリが咲く場所がある。
今年も最初の一輪が咲きました。

ササユリ
ササユリ

そこは 「ここにササユリがあるよ」 と書かれた札があって
人に守られて育っています。
調べると種子から花が咲くまで約7年かかるとある。

そりゃ、遊歩道の端のことだから
注意書きがないと人に踏まれちゃいますわな。


そして、こんな花も見つけました。
よくあるヒルガオ

ヒルガオ
ヒルガオ

雑草に近いという扱いというからビックリです。
ササユリにも負けない綺麗な花なんだけどな~

どちらも存在感があって目を引きます。
そして、覚えやすい名前がまたいいね!
カテゴリ :植物 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

サンコウチョウに出会えました

 2017-06-08
ちょっと遠征してサンコウチョウのいる所へ出かけた。
岐阜市の最高峰の山、百々ヶ峰です。

岐阜市といえば、岐阜城のある金華山
岐阜市で、ここが一番高いと思うのは間違い。

金華山は328.9m、百々ヶ峰が417.9m
百々ヶ峰頂上から見ると、長良川対岸に金華山を見下ろせる。

百々ヶ峰景色
百々ヶ峰景色 (奥の真ん中の山が金華山)

金華山の向こうに流れる川は木曽川、本当に気分が良い眺めだ。
でも、景観を味わうには、1時間ほど歩いて登ることになる。

サンコウチョウはいつも散歩する森でも鳴き声を聞いた。
「チーチョ、ホイホイホイ」と言うのですぐ分かる。

でも、数日で聞かなくなってしまった。
もちろん、姿は見ていない。

調べてみると、尾が凄く長くてアイリングが可愛い鳥だ。
人気が高いので、どこにいるのかの情報も入ってくる。
それが百々ヶ峰である。

まぁ、だからといって普段は見に行くソラダケではないのだが、
山登りを兼ねて出かけることにしました。
会えればラッキーだなというつもりでです。


さて、山登り中に道の真中で日向ぼっこしている大きなトンボを発見!
全く逃げません。

帰って調べたらムカシヤンマというトンボでした。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマ

白っぽい所で止まっていることが多いとか
「なるほど~」 です。
しかし、平坦なところに止まったヤンマを見るのは初めて見たな~

登山中、確認した鳥たちは
シジュウカラ、コゲラ、キビタキ、ホトトギスなどがいましたよ。

ホトトギスの「特許許可局」という鳴き声もよく分かります。
そういえば、このホトトギスもまだ姿を見たことがないんだよな~

下山してくると、偶然カメラマンが大勢いる場所にでました。
これはサンコウチョウ狙いなのは明らかです。

へぇ~と思いながら暫く立ち止まっていると
思いがけず現れたではありませんか
サンコウチョウが・・・

待つこと5分の超ラッキー!
おまけに写真も撮れちゃいました。
うれしい~~!

サンコウチョウ
サンコウチョウ

欲を言えば、もっとはっきりしっぽが写ってほしかった(笑)
よく見ると写ってはいるんですがね。
カテゴリ :小鳥 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

暑くなってきたので虫も見ます

 2017-06-03
最近は鳥よりも虫の名前を調べるようになりました。
まあ、蝶が多いんだけどね。

それで、5月に撮った蝶の名前を調べてみました。
特に興味があった訳じゃないけど
調べてみると 「なるほど~」 と思う習性があったりする。

アサギマダラなんか台湾まで飛んで行くというからびっくり!
写真のアサギマダラは、この森で孵化したらしく
真新しい羽根がとっても綺麗でした。

アサギマダラ 
アサギマダラ

珍しいところでコツバメがいます。
これは馬酔木(アセビ)のつぼみを食べるので
その時期にしか見られないそうです。

コツバメ
コツバメ


不思議なのはコムラサキ
羽根を広げると光線の加減で紫色に光るので、これまたびっくりです。

コムラサキ
コムラサキ

あと、こんな蝶も普通にいるんですね。

アカシジミ
アカシジミ

アサマイチモンジ
アサマイチモンジ

サトキマダラヒカゲ
サトキマダラヒカゲ

写真を撮って、後からじっくり調べるのも意外と楽しい!

おまけは、トンボが産卵しているところをパチリ!
クロスジギンヤンマです。

クロスジギンヤンマ
クロスジギンヤンマ

このヤンマ、メスだけで産卵している。
トンボはオスメス連結して生むばかりじゃないんですね。

カテゴリ : トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫