FC2ブログ

記録 042 コウカンチョウ

 2015-05-29
記録 042 コウカンチョウ

5月だというのに暑い!

鳥見に来ても、これというものはいない。
今日もカラスが上空で大騒ぎしてたのと
ツバメが田んぼで巣造りの材料を集めていたくらいだ。

虫やお花の諸先生達はとっても元気だけれど
鳥狙いの人達はめっきり減ってしまいました。

前回はホトトギスの声をなんとか聞いたけれど
姿はやっぱり見えないし、
ウグイスも相変わらず茂みの中でこれも見えない。

双眼鏡も、カメラも出番ナシで
もー、アー、暑いしー、めげるー!

やっぱり、この季節は虫さんを中心に散歩するかなー
なーんて!

さて、今回はそんな訳なので・・・
ちょっと販促気味で、数年前にハワイで撮った写真から
コウカンチョウです!

これ、撮影した時から今の今まで
名前も知らなかったんだよー

気が無いってこんなもんか~

びっくりですーー!!

コウカンチョウ


①名前: コウカンチョウ (紅冠鳥)

②体の特徴: 全長19㎝、スズメより大きいがムクドリより小さい。
モズと同じくらいだろうか。
紅冠鳥の名の通り、頭が赤いのがトレードマークです。

③鳴き方と食べ物: 虫や種子、果実を食べるが、人のランチが大好き

④観察できる時期: ハワイでは市街地に普通にいる。
でも、ハワイの固有種でなく西洋人が持ち込んだ鳥の一つです。
人に慣れていて、まるで公園にいるハトのように寄ってきます。

⑤主な習性: ものすごーく、人懐っこいそうです。
繁殖期は朝一番早く鳴く鳥です。
動きはムクドリのような感じです。
カテゴリ :小鳥 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

記録 041 ホトトギス

 2015-05-19
記録 041 ホトトギス

今日は賑やかに4人で歩いていると
センダイムシクイが鳴いている。

「焼酎一杯グィー」 と聞こえるでしょうと
みんなで盛り上がっておりました。

また、センダイムシクイはツツドリに托卵されるんだよー
なーんて話が出た時です!

「キョキョ、キョキョキョク」 
と大きな鳴き声が・・・
そうそう、これは 「特許許可局」 だな~~


それはまあ、見事に・・・ そして、間近で聞こえます!
それも、ご機嫌なのか、何度も繰り返します。

この鳥は、あれだ、あれ!

えーとっ!と、と、名前が出てこない!

ツツドリでない、カッコウでない、ほれ、ほれ、ホト、
ホトトギスだが~!

と、皆で大笑い!

しかし、姿が見えない。
こうなったらと、鳴き声の方向にバシバシ写真を撮るも
やっぱり、どこにも写ってはいませんでしたー!

なので、今回写真はありません。 残念!!



①名前: ホトトギス (時鳥)(不如帰)

②体の特徴: 全長27.5㎝、ハトと同じくらいのツツドリより小さい。
ツツドリやカッコウによく似て胸とお腹に横班があるのが特徴です。

③鳴き方と食べ物: 鳴き方は「特許許可局」だと説明されると、
そのようにしか聞こえない。夏の初めころは夜も鳴くようです。
食べ物は肉食でケムシが大好き。
.
④観察できる時期: 夏鳥で5月に渡来して秋に帰っていきます。
ウグイスがいる林や藪のある場所で見かけます。

⑤主な習性: ツツドリ、カッコウと同じ托卵をする習性で、
主にウグイスが被害にあいます。
ウグイスが警戒するスキをついて犯行に及びます。
カテゴリ :小鳥 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

記録 040 ヒレンジャク

 2015-05-02
記録 040 ヒレンジャク

少し前からヒレンジャクが来てるという。
キレンジャクが混ざっているとも・・・

えーー、なぜ見られないのかなぁ~
気が付かないだけかー?

群れで沢山いるからすぐ分かるよーと聞いていた。
だから、「そのうち見られるさ」 と思っていたら、

ゴールデンウィークが終わる頃に居なくなるぞー

そ、そうなの!! それはイカン!


で、根性で見つけてきました。
写真にも撮りました。
あー、良かったぁー。

でもなぜ今まで見つけれなかったのだろう?

やっぱり気がないとダメなんだろうなー。

ヒレンジャク



①名前: ヒレンジャク (緋連雀)

②体の特徴: 全長17.5㎝、尾が短く全体がツルッとしたブドウ色で少し太め。
冠羽が立派で過眼線と相まって悪そうな顔つき、
輪郭はまるでアイロンみたいだ。
良く似た鳥でキレンジャクがいるが尾の先の色が違う。
赤がヒレンジャク、黄色がキレンジャクで体も一回り大きい。

③鳴き方と食べ物: 「ヒーヒー」「チリチリ」と鳴き方が体に似合わず細い。
囀ることはなく、ひたすら食事に夢中になっている。
群れでヤドリギやイボタノキなどの木の実を食べ尽くしては移動していく。
.
④観察できる時期: 冬鳥で3月から4月ごろ市街地でも見かける。

⑤主な習性: 年によって渡来する数が大きく変化し観察されない年もある。
群れを作りキレンジャクとの混群となる場合もある。




カテゴリ :小鳥 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫