FC2ブログ

カケスが教えてくれた秋の発見

 2019-11-28
もう11月も終わるけど
秋だねぇ~
な~んて感じで呑気に歩く

珍しくカケスが撮れた ←ソラダケの話
本日は幸先がいいな、ラッキ~♪

カケス

カケスが見ていた先に気になるものが・・・
この球状の白い実

あとで調べたらスズメウリなんだって!
カラスウリはよく見るが
こちらはスズメ

スズメウリ

そういえばエンドウにも
ススメノエンドウとカラスノエンドウがあったな
なぜかエンドウの方には「ノ」が入る

さらに、その中間にカスマグサなんてのも以前書いた⇒ エンドウのお話
(カとスの間だからカスマです)


瓜にも
カラスウリとスズメウリがあるならば
カスマウリが・・・? 

とはいかない。

もし、そのような瓜があったら
カスマじゃなくカケスウリがいいなぁ~

だってねぇ、鳥の名が付く植物は多いけど
カケスの名が付くものを知らない

因みにオキナワスズメウリというのがある⇒ 草木図譜

こいつが青くて少し大きかったら~~ ”カケスウリ~~”

などといつもの癖が・・・
カケスが撮れたもので、つい(__)


さて、スズメウリの実を撮って歩き出せば
天寿を全うしつつあるカマキリを発見

ちょっと小さめのこのカマキリ
ハラビロカマキリ

ハラビロカマキリ

胸が見えなかったので、なんとも言えないけど
最近増えてる外来のムネアカハラビロカマキリではないと思う。

めっきり減ったハラビロカマキリに会えて
これまたラッキ~
カケスのおかげ~♪

ハラビロカマキリとお別れしたら
真っ赤に染まったモミジが目の前に・・・

寿の紅葉

見事だ!
なんか全体が「寿」の字に見えるのはソラダケだけでしょうか?

なんかいいことありそう
カケス~~、
教えてくれてありがとう!


カテゴリ :小鳥 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

スズメだってカラスだってスゴイんです

 2019-02-17
童謡です!
「スズメ、スズメおやどはどこだ♪」
懐かしいなぁ~
誰もが歌えますね~?

でも、ソラダケは
その内容が ”舌切り雀” だったとは知らなかったよ(+_+)

スズメ

これもご存知ですよね
「スズメの学校の先生は・・・♪」
ウンウン、これも懐かしい~

でも、改めて歌詞を聞いてみてビックリ( ゚Д゚)
なんと、先生は「むちを振り振りチイパッパ♪」なんですよ
怖いわ~

ほのぼの系では「かわいいかくれんぼ」があるね
「どんなに上手に隠れても茶色のぼうしが見えてるよ♪」
なんてのもあるな~←2番だけど

ところで、その茶色い帽子を伝統色で雀茶という。
調べると雀茶と雀色と二つある
この違いが分かる人は凄いな。

また、夕暮れ時の空の色を表現するのに
雀色時(すずめいろどき)という
なんか優雅だ
スズメ~、やるな~(笑)

夕暮れ時といえばカラスだって負けてないよ
「夕焼け小焼けで日が暮れて・・・♪」
「カラスといっしょにかえりましょ~♪」

なんか、泣けてくるわ
公園にいるカラスとのイメージが全然違うよな。

カラス

「からぁす、なぜなくの~♪」もあるな
「カラスの勝手でしょ~♪」じゃなくて
最後までちゃんと歌えるでしょうか(笑)

また、犬のおまわりさんでは
カラスに聞いてもスズメに聞いてもわからないで困っていますと歌っている。

けど、鳥がいなくて話題に困ったソラダケが
スズメとカラスから聞いてわかったお話でした~

ワンワンワワーン♪


カテゴリ :小鳥 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

野鳥のヒゲも撮れてしまう今時のカメラ

 2019-01-29
友人がカメラを新調、
ジョウビタキの写真をLINEで送ってきた。
そのあまりの解像度にびっくり!

大きなカメラでもないのに
「こんなに撮れちゃうのか~」って感じ

その写真をちょいと拝借して強拡大してみると
目の周りの点々とか見えてくる~

ジョウビオス

すごいな~~
あれ?
お髭があるぞ!

そういえば、前にキクイタダキはダルマみたいだと書いたな~
前の記事⇒キクイタダキはだるまさん顔

改めてその時撮った写真を強拡大だ(^-^)/

キクイタダキ顔

おお~
ちゃんと黒い髭模様の下に白いお髭があるじゃないか

ソラダケのカメラではボケボケだけど
確かにあるある。

ならばっと!
拡大してもなんとか見られる写真をチェック

ジョウビタキ顔

シロハラ顔

トラツグミ顔

ジョウビタキのメスにもやっぱりありました。
シロハラ、トラツグミもありますな~

ヤマガラは微妙
シジュウカラはないな~
メジロもない

ヤマガラ顔

シジュウカラ顔

メジロ顔


あれ~~
メジロのアイリングってランドルト環型だったのね~

それにこのリング、地肌じゃなくて毛だぞ
ボタンインコは地肌なんだけどな

知らんかった( ゚Д゚)
目からウロコだわ~

ん、なんでウロコなんだ?
いや、今回はお髭の話でっせ。

いやいや、カメラの話だってば
いいな~、ほしい!


カテゴリ :小鳥 トラックバック(-) コメント(6)
タグ :

コゲラはクライマー

 2018-10-06
夏が過ぎ小鳥たちが帰ってきた。

なのに~
ゼ~ぜん出会わない~~( ノД`)
なので、今回はコゲラの不思議について!

コゲラってどう歩く?

スズメはピョンピョン、ホッピング
ハトは普通にウォーキング

ハイ、これは誰でも知ってますよね。
じゃぁ、コゲラは?

コゲラクライマー1

ソラダケはピョンピョンだと思っていました。
で、前から不思議に思っていたことが・・・

コゲラが木の枝を移動する時
枝の上側をピョンピョン

これなら何も不思議じゃないけれど
枝の下側もピョンピョンと動いているように見える。
決して飛んではいませんよ

コゲラクライマー2

写真では分かりにくいだろうけど
これ、不思議だよね、ね!

アレ?不思議に思うのはソラダケだけか~?


いろいろ動画などをスローにして調べた結果
本日、ソラダケ的に

コゲラは「歩いている」という結論になりました。

本当か?
「分かりません」←ゴメン

でも、そういうことなら納得なんです。
どう考えても下側で跳ねたら落ちるよ

だからクライマーの如く
しがみついて高速で動いているということで終了!

2時間も費やして調べた結果です。
違っていたらごめんなさい(__)


カテゴリ :小鳥 トラックバック(-) コメント(5)
タグ :

モズの子の声で目が覚めた信州のお宿

 2018-07-22
涼しさ求めて信州原村まで出かけた。
原村には馴染みのペンションがある。

とっても静かで気に入っているお宿
お気に入りは年季の入ったマッサージ機で
勿論、コインはいりません。

見渡せば新しいものがどこにもない!
まるで昭和後期に戻ったかのよう

それでいて全てが綺麗だから違和感がない。

料理も素晴らしいし、
お風呂は温泉じゃないけれどなかなかである。

お部屋は山小屋風でちょっと狭いが
木の香りと自然の風が心地よい。

オーナーが何時までも元気で
ずーっと営業していてほしい宿なんです。


さて、宿泊した早朝、部屋の窓越しに
「おなかすいた~」「ごはんは~」と
切ない声で頻りに鳴くモズの子の声で目が覚めました。

なんと!ペンションのお庭にモズのお宿もあったのです。

モズの子A

雨が降ったのか体がちょっと濡れています。
 だ、だいじょうぶか~?
 まだ飛べないみたいだし~

あ、別の枝に兄弟もいました。
こっちは濡れていませんね

モズの子B

暫く見てると親鳥も現れて
何回もご飯を運んできます。

すぐ近くでカッコウも鳴き始めました。
「托卵されなくてよかったですな。」
などと独り言・・・

モズの子は巣立ちしても暫く
親からご飯を貰うらしい。
狩りができるまでには経験が必要なんでしょうね。

モズ親

こんな光景を窓越しで見られるなんて・・・

いつもは静かなお宿なんですが
こんなサプライズもある素敵なお宿なんです。

*************************************
おまけ~
今日の夕焼けも綺麗だった。
何に見える?人それぞれですけど
ソラダケは翼を広げた鳥に見える(笑)

180722夕焼け


カテゴリ :小鳥 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫