FC2ブログ

暖冬の1月、森で発見したあれこれ!

 2020-01-20
今冬は暖かいね~
まだ秋の名残りもあったし ←びっくり
春の兆しもチラホラ

秋の名残りはこちら

トベラの実 ネズミモチ

*(上) がトベラ実、右 *(下) がネズミモチ
1月ですよ、異常だ!

それから、散歩コースにある小さな池
ソラダケはここで水鳥を見たことがない。

だけど今日はコガモがいました
これも、何となく異常?

水から出て寛いでおります。
暖かいからね~、気持ちよさそ~~
 
コガモ

また、この森にはカルガモの夫婦が1組住みついている
今日は道の真ん中をテクテク、まったくもって呑気だ。

ん~、これも少し異常かな?

近寄ると流石に飛び立ちました。
しかし、鈍重に見える君たちも
いざとなればドローンのように垂直離陸するんだ~と
ちょっと驚き (^^)

カルガモ

ところで、カルガモの性別の見分けが難しい
普通、カモ類は雄が綺麗で雌が地味と概ね相場が決まっている。

上のコガモなんか雄だとすぐ分かるけど
カルガモはほとんど同じ

見分けのポイントを照らし合わせても
この二羽のカルガモはその見分けができなかった←ソラダケの場合

あなたたちは本当にツガイなんだろかと思えてしまう。

見分けがつかないといえば
こちらの蕾

まあ、この違いが分からないのは
ソラダケの知識の無さだけど
調べても確信が持てなかった (-_-;)

多分左 *(上) が梅、右 *(下) が桃かな~?

梅の蕾 桃の蕾

どちらも春の兆しですね
今の季節にピッタリ~

これ見てたら花粉症を思い出した。
暖冬の年は花粉が多いと聞く

お~~、何とかせねば~!!


カテゴリ :植物 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

12月、小さな木の実を探してみました

 2019-12-24
いつもの森が整備されスカスカになっていた。

今回のは伐採規模が大きい
鳥たちにとっては大迷惑なことだと思う
鳴き声もどことなく落ち着きがない

 なんじゃこりゃ~
 どーしよか~
 ここはもうダメかもな
 あんたどっかにいくの?
 いったほうがいいかもな~

な~んて引っ越し話をしているのかも~~

伐採2019

やぶ払いもされた森は、なんとも寂しい
これ見てガッカリされている方もいるんじゃないかな~

そんな中、小さな木の実を探してみました。
 ↑
 鳥を見つけられないので(-_-;)



まず最初に見つけたのがこれ!

ビナンカズラ

ビナンカズラ
美男葛と書く
時期が遅かったので不格好なのしか残っていない


次に出会ったのがアオツヅラフジ
オオツズラフジかもしれん←(__)

アオツヅラフジ

調べるとこの実の中にある種が面白い

気になる方は調べてね ←手抜き(-_-;)
アンモナイトのような形らしいよ


赤と青の実を見つけたので
次はやっぱり黄色の実ですね。

でも黄色がなかなかない
人に聞いたりしてやっと見つけたのが
“キイロセンリョウ”

しかし、これは“キミノセンリョウ”(黄実千両)という

確かにキイロセンリョウだと聞いたのだが
黄色のセンリョウという意味だったのかな~?

キミノセンリョウ

話によると、数日前には沢山あったらしい
でも、今日は3個しかなかった。

センリョウといえばお正月の縁起物
黄色は金運がいいとされるので
人が持ち帰ったのかもしれないなぁ?

今回、木の実を三種、三色見つけました。
12月も下旬、どれも貧弱なものばかりだったけど
見つけることができて良かった。

君たちのおかげでソラダケは少し賢くなりましたよ~



カテゴリ :植物 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

カケスが教えてくれた秋の発見

 2019-11-28
もう11月も終わるけど
秋だねぇ~
な~んて感じで呑気に歩く

珍しくカケスが撮れた ←ソラダケの話
本日は幸先がいいな、ラッキ~♪

カケス

カケスが見ていた先に気になるものが・・・
この球状の白い実

あとで調べたらスズメウリなんだって!
カラスウリはよく見るが
こちらはスズメ

スズメウリ

そういえばエンドウにも
ススメノエンドウとカラスノエンドウがあったな
なぜかエンドウの方には「ノ」が入る

さらに、その中間にカスマグサなんてのも以前書いた⇒ エンドウのお話
(カとスの間だからカスマです)


瓜にも
カラスウリとスズメウリがあるならば
カスマウリが・・・? 

とはいかない。

もし、そのような瓜があったら
カスマじゃなくカケスウリがいいなぁ~

だってねぇ、鳥の名が付く植物は多いけど
カケスの名が付くものを知らない

因みにオキナワスズメウリというのがある⇒ 草木図譜

こいつが青くて少し大きかったら~~ ”カケスウリ~~”

などといつもの癖が・・・
カケスが撮れたもので、つい(__)


さて、スズメウリの実を撮って歩き出せば
天寿を全うしつつあるカマキリを発見

ちょっと小さめのこのカマキリ
ハラビロカマキリ

ハラビロカマキリ

胸が見えなかったので、なんとも言えないけど
最近増えてる外来のムネアカハラビロカマキリではないと思う。

めっきり減ったハラビロカマキリに会えて
これまたラッキ~
カケスのおかげ~♪

ハラビロカマキリとお別れしたら
真っ赤に染まったモミジが目の前に・・・

寿の紅葉

見事だ!
なんか全体が「寿」の字に見えるのはソラダケだけでしょうか?

なんかいいことありそう
カケス~~、
教えてくれてありがとう!


カテゴリ :小鳥 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

竜ヶ岳上空の竜と女郎蜘蛛の叫び

 2019-11-11
ムギマキが出た!
まだ一度も見たことがない野鳥の一つだ

是非、見てみたい
というわけで出かけてみる。

すると、公園仲間から「ソラダケが出た」と言われる始末
あ~
ご無沙汰過ぎて、私もう忘れかけられてる

もう、こんな感じで~す!

ジョロウグモの叫び

ムンクじゃなく、ソラダケの叫び!

これジョロウグモの作品ですな
光線の加減で足場糸と黄色い粘る糸の見分けがしやすいですね。

しかし、この穴
どうやってできたんでしょう?


さて、肝心のムギマキには出合えませんでした~
そりゃそうだわな

なのでムギマキの写真はありません。

だけど、ジョロウグモの作品だけでは気色悪いので
竜が飛んでるように見えた夕焼け ←無理やり(-_-;)

竜ヶ岳の竜

下の山は偶然にも名古屋から見た竜ヶ岳なんですよ
手前の構造物は気にしないでね~


カテゴリ :夕焼け朝焼け トラックバック(-) コメント(4)
タグ :

小さい秋からの連想

 2019-10-11
季節は秋、やっと涼しくなりました。
公園に出かけると

「こんにちは」とシジュウカラがご挨拶です。

こんにちは

あら~、君
頭を上から見ると
ジャック・スパロウの目みたい~ ← かなりヘンな連想ですが・・・

え、なに?
下に何かあるんですか??

地面には小さな花が咲いています。

ああ、これはツユクサ

ツユクサ

これはだな

ん~、そうだな~
デイビージョーンズってとこかな

雄しべが口元に、花弁が帽子に見えない?
え、なにもパイレーツオブカリビアンに拘ってはいませんよ

ツユクサの写真撮っていたら
小さなアブが飛んできました。

クロヒラタアブ

多分、クロヒラタアブだと思いますが

この顔は、どー見てもパイロットのヘルメットですな
そして、こいつが着艦した先はヨメナの花

ヨメナ

このヨメナだけど
調べてみるとノコンギクとの見分けが難しい

でも、ここではヨメナと断定!

決め手は花の真ん中の黄色い筒状花の様子
ハイ、拡大しま~す

ヨメナ筒状花

フォーク型や穴のあいたスプーンのようなものがあるでしょ
これが決め手!
分かるかな~?

あと、Y型状のもあるけど、これはノコンギクにもあるようです

さて、このヨメナの花で何かを連想しようと思ったんだけど・・・
な~んも出てこない


そしたら、シジュウカラは後ろを向いて
「さようなら~」 だって!

ハハ (〃▽〃)

さようなら

まぁ、それでも小さい秋を見つけました。

唄にもあるじゃない
小さい秋、小さい秋、小さい秋み~つけた

あれ?
歌詞はシジュウカラじゃなくてモズだったね(^^;


カテゴリ :植物 トラックバック(-) コメント(4)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫