FC2ブログ

ガクアジサイの花は2つある~~~

 2019-06-13
昨日、虹を見た。
大きな虹でしょ~
で、思ったのが虹の大きさってみんな同じなのか?
そもそも、何でアーチ状なんだろう?

虹が見える仕組みは分かるけど
そんなことを聞かれたら説明できんがな~

612の虹

そういう疑問はチコちゃんに言われる前に調べよう(笑)
てなわけでですが・・・

難しそうだから虹のことはまた今度
今回は6月ということで額紫陽花で~す ← オイ!

なんでガクアジサイかというと
実は自宅マンションのエントランス前に咲いているのだ~

ガクアジサイについて知っていたこと

・先ず、花びらのように見えるのは"がく"
・そして小さい蕾のようなとこが本当の花
・その花を囲むように"がく"があるので額紫陽花という

まあ、こんな程度ですな

で、花びらのように見える"がく"はこれ

額紫陽花がく

そこで思いました。
がくの役割って花を守ることでしょ!

とすると、このガクアジサイの"がく"はどうなの~?
そこでちょっと調べました。

そしたらなんとまぁ~

"そうだったんですか~" と少し感動!←あんただけ(/ω\)

なにがって?

ガクアジサイの花は2つある~~~

そうなんです
"がく"の中にも花びらがあったんです。
ちっちゃいけどあるでしょ!
雄しべも雌しべも確認できるね

この部分を装飾花と言うんだってさ

装飾花

で、蕾のような小さな花のとこは通常花
どちらも花なので、それぞれにガクと花びら、雄しべと雌しべがあったのだ~

両性花

ま、皆さん知っていると思うので
詳しくここでは書きません←手抜き(__)

分かりやすかったサイトはこちら ⇒ アジサイ類(ユキノシタ科|アジサイ科

ん~、こんな身近にも発見はあるもんだね~


あ、そうそうモミジの種子はこうなっていましたよ。
もう形が出来上がってました。

モミジ

しかし、鳥はどーなった?
ホトトギスがいたとか
サンコウチョウを撮ったとか聞くけど
ソラダケの前にはちーとも現れません。

次は鳥を話題にしたいな~


カテゴリ :植物 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

5月の発見!綺麗な花咲く雑草達の世界

 2019-05-20
天気が良かった日に地べたに寝っ転がってみた。
上を見たらこんな感じ♪

木漏れ日

とても気持ちがいい
気が付くと周りに小さな花達が・・・
なんとまあ綺麗じゃないか~!

ニワゼキショウ セッカニワゼキショウ

で、調べました。
ニワゼキショウとセッカニワゼキショウ
(庭石菖と雪花庭石菖)

そういえば少し前にも撮った花がある
カタバミとヘビイチゴ
(片喰と蛇苺)
今まで同じに見えてた~(-_-;)

カタバミ ヘビイチゴ

こちらはヤブタビラコ 
(藪田平子)

ヤブタビラコ

雑草にもちゃんと名前はあるんだな
漢字にすると覚えやすいぞ
いや~発見だ!
当たり前のことか~(笑)

前回のカラスノエンドウから
ちょっと気になってた花達の発見でした←無知なだけ

しかし、花の名前を調べるのは難しい。
似たようなのが沢山あるある!
今回のも間違っていたらごめんなさい。

足元の小さな花の世界も素敵だけど
間違いのないこちらの写真

恵那山日の出

今朝の日の出
恵那山方面だけ雲が切れてた
5月、我が家からは太陽が恵那山から昇るのだ~

これも発見だ!


カテゴリ :植物 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

ツマキチョウからエンドウのお話し

 2019-04-27
昨年の今頃、ツマキチョウのメスを見て
「オスだったら開運するだろなぁ~」と書いた。⇒ その記事はココ
で、今年はきたぞ~
これで開運は間違いなし(^O^)/

ツマキチョウのオス

このツマキチョウを追いかけていたら
小さなお花に気が付いた。

よく見かける花ですね~
調べるとカラスノエンドウという。
でも、何でカラスなんでしょう?

ツマキとカラス

どうやら果実が熟すと真っ黒になるからだそうです。
そして、カラスに対してスズメノエンドウというのが出てきた。

そちらはカラスノエンドウより小さい花が咲くからなんだって!
なんと安直な( 一一)

もしかして、
これかな~?
(右がカラスノエンドウ、そして左のが・・・)

カラスとカスマ

と思ったらこれはカスマグサのようです。

カラスより小さくスズメより大きいから
「カ」と「ス」の間で「カスマグサ」
これまた、なんということでしょう(笑)

本当か?
スズメノエンドウの由来からなら
ハトノエンドウでもいいけどな~

鳩が豆を食ったような顔してたら
すっかりツマキチョウのことはどこかに・・・。

やっぱり開運は難しそうだわ~(+_+)


カテゴリ :植物 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

モミジの花もやっぱり赤かった

 2019-04-15
桜が咲く中、モミジの花を探してみた。

紅葉の時期にモミジの花の話を聞いていたので・・・
どうしても見たい!

満開の桜に目もくれず
これか?あれか?と変な人になっていました(-_-;)

モミジなどすぐ見つかると思っていたのに
これが中々見つけられない。

やっと見つけたモミジはこのイロハモミジ

1904カエデ花

小さな花とは聞いていたが
思っていた以上に小さかった。
赤いけど、と~ても地味

これは花か~?
と最初は半信半疑

記念に紅葉の撮影によく使う葉の裏からの撮影をしてみました。
もちろん葉っぱ赤くはないけれど花は赤く写りました(笑)

1904カエデ全景

しかし、これがヘリコプター状の実にどう変わっていくのでしょう?
気になるなぁ~
これからのチェックポイント!

そうそう、このモミジの実というか種、その違いはよく分からないけど
シメやイカルなど鳥達が食するそうです←鳥ネタ(^^)

食べるといえば
イロハモミジの木の隣に梅の木がありました。

1904ウメ

これ、なんと高級梅干しになる
"南高梅"という札が付いておりました。

こいつも赤くなると食欲をそそるよな~
今度買ってみよ~っと!


カテゴリ :植物 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

万葉の鳥と花粉症

 2019-04-02
この春は花粉症の症状が重い
くしゃみで辛い中、桜を見に行くことに~

さて、"令和"の発表を受け万葉集が売れているらしい。

その万葉集に出てくる春の鳥と言えば
ウグイスだよね

1904ウグイス

ウグイスは見つけるのがホント大変!
さて何処にいるでしょうか?

今日は木曽三川公園に来ました。
なんと国営、知らんかった( ゚Д゚)

国営だからだろうか
シメがロープにとまって逃げない~

1904シメ

このシメも万葉集に出ているそうで
比米(ひめ)と詠われています( ゚Д゚) 


さて、桜を見に来たのだが
天邪鬼なソラダケは、桜よりこんなのが気になる

オオイヌノフグリ
1904オオイヌノフグリ

春を感じる、そして可愛く愉快な名前の花だ。
しかし、オオイヌノフグリは帰化植物、
在来のイヌノフグリを探すのも楽しいかもしれない。

また、こんなのも・・・
ヒメオドリコソウ
1904ヒメオドリコソウ

これも帰化植物、だけど意外といいでしょ・・・ネ!

でも、オオイヌノフグリもヒメオドリコソウも
奈良時代には無かったので万葉集には出てこない。

じゃあ
花粉症はどうでしょう?

万葉集に花粉症の描写は勿論でてこない
けど「うち鼻に、鼻をそひつる」というのがある。

意味は
「くしゃみが何度もでるので、恋人が自分のことを思ってくれているらしい」
というのだ。

ふ~~ん
これ、もしかして花粉症なのかも~~?
違うか~、違うわな (笑)



カテゴリ :植物 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

春を感じる3つのお決まり

 2019-03-11
久しぶりのお散歩
お出迎えはジョウビタキ

ジョウビタキ311 シメ311

シメも「なんだよ」っていう顔でお挨拶
そろそろ君達は帰り支度の季節だね

そしてオタマジャクシが・・・
春の始まりですな~

オタマジャクシ311

この時期、ソラダケはマスクが手放せません ←花粉症

マスクをすると梅の香りなんて全く感じない
しかし、マスク越しでも漂ってくる香りがある。

みんなは臭いと言うけれど
ソラダケはラーメンの匂いと学習してしまったので
そんなに苦ではありません。

こいつです↓↓↓
ヒサカキ311

ソラダケはこの香りを以て春がきたな~と感じます。
そう、ヒサカキですな。

そして、森でこの匂いがすると団子を思い出す。
団子といってもエナガ団子!

エナガのチビさんが団子状に並んでいる様子
今年こそはと気にしているけど
一度も見たことがない。

なので写真はありません ←(__)

ご存知ない方は "エナガ団子" で是非検索してくださいね
あまりの可愛さに瞬殺されますよ~

昆虫もこれから賑やかになってくるね
テングチョウを見たら個人的に春本番!

ソラダケはヒサカキの匂いとテングチョウ
それと「ハックション」の3つで春を感じるのでした。


カテゴリ :植物 トラックバック(-) コメント(3)
タグ :

いいぞ!アナログチューナー復活

 2019-02-28
NHK-FMは放送開始50年ということで
ソラダケも古い古いトリオのチューナーに灯を入れてみた。

これは1976年製、最高級機ではないけど、そこそこの名機

KT-7700.jpg

なにかしらの不具合で使わなくなったと記憶するが
恐るおそる電源ON!

音は出るけど、バリバリと雑音が出る。
というわけで分解開始 ← 好きなもので(-_-;)

とはいっても専門的な知識はないから
簡単な部品交換と清掃くらいしかしません。

それに、今はwebに修理事例があるので
意外と直せたりするんです。

今回もあるサイトに載っていた
「集積回路の足をブラシで清掃する」という情報を得て
なんと、あっさり直ってしまった。

IM5.jpg

電解コンデンサの総換えも考えていただけに
あらら~という感じ(^-^;

それにしてもだ
この造り見てよー

チューナーとは思えぬ凄い回路
アナログ回路は実に芸術的だわ~
惚れ惚れします!

7700回路

早速、真空管ヘッドフォンアンプでFM放送を・・・
やっぱりネット配信で聞くのと違うなぁ

これ、いい!

そうだ、スピーカーで聴きたい
それもアナログアンプで聴きたい ← 買おうかな~

あ~、これ病気一歩手前の症状だ
イカン、やめとこ!

システム

ところで、3/1から3日間、NHK-FMでは
「今日は一日“ありがとうFM50”三昧」だそうです。

50年には及ばないけど
43年前のチューナーで聴きたいと思います。
スピーカーで聴けないけど楽しみ~


カテゴリ :道具 トラックバック(-) コメント(6)
タグ :

スズメだってカラスだってスゴイんです

 2019-02-17
童謡です!
「スズメ、スズメおやどはどこだ♪」
懐かしいなぁ~
誰もが歌えますね~?

でも、ソラダケは
その内容が ”舌切り雀” だったとは知らなかったよ(+_+)

スズメ

これもご存知ですよね
「スズメの学校の先生は・・・♪」
ウンウン、これも懐かしい~

でも、改めて歌詞を聞いてみてビックリ( ゚Д゚)
なんと、先生は「むちを振り振りチイパッパ♪」なんですよ
怖いわ~

ほのぼの系では「かわいいかくれんぼ」があるね
「どんなに上手に隠れても茶色のぼうしが見えてるよ♪」
なんてのもあるな~←2番だけど

ところで、その茶色い帽子を伝統色で雀茶という。
調べると雀茶と雀色と二つある
この違いが分かる人は凄いな。

また、夕暮れ時の空の色を表現するのに
雀色時(すずめいろどき)という
なんか優雅だ
スズメ~、やるな~(笑)

夕暮れ時といえばカラスだって負けてないよ
「夕焼け小焼けで日が暮れて・・・♪」
「カラスといっしょにかえりましょ~♪」

なんか、泣けてくるわ
公園にいるカラスとのイメージが全然違うよな。

カラス

「からぁす、なぜなくの~♪」もあるな
「カラスの勝手でしょ~♪」じゃなくて
最後までちゃんと歌えるでしょうか(笑)

また、犬のおまわりさんでは
カラスに聞いてもスズメに聞いてもわからないで困っていますと歌っている。

けど、鳥がいなくて話題に困ったソラダケが
スズメとカラスから聞いてわかったお話でした~

ワンワンワワーン♪


カテゴリ :小鳥 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

野鳥のヒゲも撮れてしまう今時のカメラ

 2019-01-29
友人がカメラを新調、
ジョウビタキの写真をLINEで送ってきた。
そのあまりの解像度にびっくり!

大きなカメラでもないのに
「こんなに撮れちゃうのか~」って感じ

その写真をちょいと拝借して強拡大してみると
目の周りの点々とか見えてくる~

ジョウビオス

すごいな~~
あれ?
お髭があるぞ!

そういえば、前にキクイタダキはダルマみたいだと書いたな~
前の記事⇒キクイタダキはだるまさん顔

改めてその時撮った写真を強拡大だ(^-^)/

キクイタダキ顔

おお~
ちゃんと黒い髭模様の下に白いお髭があるじゃないか

ソラダケのカメラではボケボケだけど
確かにあるある。

ならばっと!
拡大してもなんとか見られる写真をチェック

ジョウビタキ顔

シロハラ顔

トラツグミ顔

ジョウビタキのメスにもやっぱりありました。
シロハラ、トラツグミもありますな~

ヤマガラは微妙
シジュウカラはないな~
メジロもない

ヤマガラ顔

シジュウカラ顔

メジロ顔


あれ~~
メジロのアイリングってランドルト環型だったのね~

それにこのリング、地肌じゃなくて毛だぞ
ボタンインコは地肌なんだけどな

知らんかった( ゚Д゚)
目からウロコだわ~

ん、なんでウロコなんだ?
いや、今回はお髭の話でっせ。

いやいや、カメラの話だってば
いいな~、ほしい!


カテゴリ :小鳥 トラックバック(-) コメント(6)
タグ :

鳥がいないので金星と木星と炮烙山

 2019-01-21
金星と木星が接近している。
最接近は1月23日です。

金星と木星

目が慣れてくると
木星の右側にさそり座のアンタレスも見えてくる。
写真にも写っているけど金星が明るすぎて
1等星がなんと暗く感じることでしょう(笑)

興味ある方は是非見てね。
金星が-4等級、木星が-2等級と
星とは思えぬ明るさでカンドーしますよ ←多分(-_-;)

そして、31日と2月1日には細い月が
この木星と金星、それぞれの傍にくるので更に豪華になります。


さて、上の写真は6時15分
日の出まで45分くらいあるけど
少し粘って日の出まで楽しむことにしました。

日の出前

さあ、日の出2分前
豊田市の東にある炮烙山(683.5m)と六所山(611m)がよく見える。
左側が炮烙山

直線距離にして約40キロ
炮烙山頂上の電波塔も確認できた
これだけでもなかなか興味深い。

そして太陽はどこから出てくるかだ。
電波塔をバックに出てくるといいなと期待しつつ・・・

夜明け

あ~、ちょっと左(北側)だ
数日遅かったぁ~

ということは、初日の出は六所山あたりからでてくるのか?
来年の課題だ。

おっと、課題にするなら冬至の日はどこまで南側に寄るのかだろう。
まぁ、どうでもいいことだけど
これも気になる~~(笑)


ところで最近散歩に出かけても、ち~とも鳥さんと出会わない。
毎年、「鳥の数が少なくなったね~」と話題になるけれど
今年はホントに少ない気がします。

たまには遠征して炮烙山にでも行ってこようかな。


カテゴリ :夕焼け朝焼け トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫